富山の派遣ナース日記

老健の夜勤の業務内容

老健の夜勤というのは、ほとんどの職場が看護師1人体制です。
看護師1人に、介護士が数人という体制が基本的です。
私が働いている職場は2交代制なので、夜勤は17時から翌朝の9時までの16時間です。
業務内容は、

17時~ 申し送り
17時半~ フロアラウンド、体調不良の利用者の観察
18時~ インスリン、内服介助、食事介助、吸引など、食事に関する対応
19時半~ フロアラウンド、バイタル測定、点眼、服薬介助
20時半~ 交代で30分ずつの休憩
21時半~ ナースコール対応、不穏者対応、待機
23時~ フロアラウンド、バイタル測定
0時~ 尿量カウント、尿の破棄
0時半~ 2時間の仮眠
3時~ フロアラウンド、バイタル測定
5時半~ 経管栄養、内服介助、栄養注入
6時~ 起床時の服薬介助、採血、整容介助
7時~ デキスターチェック、インスリン、フロアラウンド
7時半~ 服薬介助、食事介助
8時半~ 申し送り
9時~ 業務終了

これは、あくまでも急変や救急搬送などが起こらない場合の、基本的な業務内容です。
病院への救急搬送があった場合には、呼び出しナースに付き添って貰う事になります。
しかし、急を要する場合には、夜勤看護師が付き添う事もあります。
夜勤というのは、何も起こらなければ、病院に比べると落ち着いているので、休憩や仮眠をしっかりと取る事ができます。
しかし、利用しているのは高齢者の方なので、いつ何が起こるかわかりません。
急変ばかりでなく、ステルペンがある事もあります。
そのような時には、休憩や仮眠を取る事はまずできません。
それに、認知症の方は、夜間に不穏になる事が多く、徘徊する事もあります。
そのようなイレギュラーな事が重なった時には、看護師1人体制はとても厳しいものがあります。

2014年6月10日|

延命治療の選択。自分や家族に延命治療の有無を問われたらどうしますか?希望のない延命治療で苦しんでいる方も多いですよね・・・。

現代の医学の進歩は、とても目覚ましものがありますね(*^_^*)

昔は、生きる選択のなかった状態でも、今は延命することご可能な時代になりまさした。

食事が摂れなくなれば、経管栄養にし、呼吸が出来なくなれば人口呼吸器をつけます。

心臓に問題があればペースメーカーがありますし、たとえ脳死の状態でも、人を生かしておくことが可能な時代です。

家族には長生きして欲しい、そう願う気持ちはわかります(。-_-。)

しかし、実際生きることと、生かさせれることって違いますよね。

生きるということは、自らの意思で生きていることです(´・Д・)」

好きな物を食べ、好きな音楽を聴き、好きな服を着て、生活する。

しかし、生かさせれることは、そうではありませんね( ;´Д`)

呼吸をさせられ、心臓を動かし、栄養を流され、オムツを交換され、体位交換をしてもらい、生きることに必要な事をしてもらっている。

延命治療を受けるのか、どうかという判断を迫られた時、家族はやはり生きて欲しいと願う人が多いでしょう。

しかし、当事者である本人はどう考えるでしょうか?自分の意思はその時あるのかどうかも分からず、生かされることに不安を覚えますよね。

まして、その先に何があるのでしょうか?

また、以前の健康に生きていた時の生活に戻れる希望はありません。

病に蝕まれた体で、いつ終わるか分からない人生がそこから始まるんです。

患者さんにとって、それは幸せなことなのか...。

もし、自分が延命治療を望むかと言われたら...答えはNoですね(。-_-。)

自然に生きることが出来なくなったら、そこは寿命と考えたい。

しかし、家族の場合。
親なら諦めはつくのかもしれない...。
でも、自分よりまだまだ若い我が子なら...。
たとえ、どんな状況であっても、この世に存在していて欲しい...そう願うのでしょうね(p_-)

そんな希望があるから、医療はその願いを叶えるため、日々進歩しているのでしょうね(。-_-。)

2014年5月24日|

子供を持たないと言う選択をする夫婦が増えていますね。価値観はそれぞれ違いますが、子供を持つことで人生観は大きく変わりますよね・・。

少子化と言われる現代、一人っ子が増え、さらには子を持たない人も増えてきました。

晩婚化ということもあり、子を持ちたくても、不妊症だったりで子供を授かることが出来ず、子供が欲しくても親になれない...という人も中にはいます(;´Д`A

しかし、中には妊娠することも、出産することも可能だけれども、仕事に差し支える...、子供を産み育てる自信がない...などといった理由で子供をあえて作らない人たちもいます(・_・;

今、親の世代にある私たちは兄弟が減り、二人兄弟や一人っ子が平均になってきた世代です。

昔の人たちは、結婚したら子供を産むのが当たり前、子供を授かったら産む、ということが当然でした。

だから、10人前後の兄弟がいたりと、兄弟の間で子育てをすることが当たり前の時代の人たちとは育ち方が違いますね(´・Д・)」

昔の人たちは、自分の兄弟の面倒をみるところから、子育てを学びました。

しかし、今は成長する過程に、身近に子供がいないから、自分が親になってどう子供に接したらいいかわからない...という大人が増えているように思います(p_-)

昔ほど、子孫の繁栄、血を絶やさない...といった風潮もなくなりつつあり、自由に生きることを選択することができるようになったんでしょうね。

しかし、子供を授かり、産み育てるということは、人として生きていく上で、とても大切なことだと思いますよ(*^_^*)

親は、子供を産み育てることで、子供を成長させるだけでなく、親であるその人自身も成長しているのです。

人の命の尊さ、優しさ、温かさ、強さ、そういったものを学べるのは、子育てから...と思いますね(^o^)

人はそれぞれ違った価値観を持っています。
それはそれで素晴らしいことです。

しかし、子育てから学ぶ価値観は、どの親にも共通することが沢山あります(´・Д・)」

価値観を広げることは、人として広い心を持ち、深く物事を捉えることにも繋がって行きます。

だから、看護師も子供を産みなさいと言われるでしょうね(´・Д・)」

子育てから学ぶことは、看護の中でも教科書から学ぶことの出来ない分野です。

人として、看護師として、大きく成長するためも、子供をもつことは大切なことだと思いますね。

2014年5月24日|

仕事で辛かった時・・・子供のこんな一言で救われました!!!

看護師の仕事ってストレスが多いですよね( ;´Д`)

仕事のハードさから、体力的な大変さもありますし、精神的な苦痛もあります。

看護師の仕事は、オムツ交換や入浴介助、処置などで、腰を痛めることも多いですよね。

年齢とともに、体があちこち痛くなってきて、仕事が辛いなぁって思う事もあります(T ^ T)

また、人の命に関わる仕事ですから、責任も重大です。

医療ミスにつながるようなミスを起こさないよう、常に気を張って仕事をしています。

だから、1日仕事が終わるとグッタリですね(;´Д`A

また、人の死に立ち会うことは、とても慣れることではありません。

どんなに助けてあげたいと思っても、若くして亡くなる方の死など、とても割り切れるものでもなく、また引きずるわけにもいかない。

悲しい顔をして歩いていたら、他の患者さんに不安を与えてしまいますからね。

どんなに泣きたい時も、笑顔で仕事をするって、すごく苦しくなることもあります>_<

それに、看護師の世界ってすごく人間関係が悪くて、正直面倒...って思う事も度々あります。

無駄に首を突っ込むと、巻き込まれてトバッチリを食らうこともあります。

人間関係のトラブルって、何よりもストレスで疲労感がものすごいですねε-(´∀`; )

でも、みんな仕事でピリピリしていたり、ストレスがたまってるから、人間関係も悪くなるんでしょうね。

そんな大変な思いをしながら働いても、給与は満足のいくものではなく、なんだか身を削って働いているわりに...って思ってしまいます。

だから、子供には、「看護師なんてやるもんじゃないよ、ストレスが酷いしね...( ;´Д`)」
っていつも話していました。

ある日、授業参観で子供の発表を聞いた時に
「将来はお母さんみたいな看護師になりたいです。
それは、人を助ける仕事をしているお母さんを尊敬しているからです。」
と発表していたのです。

それを聞いた時、なんだかとても救われた気がしましたね(#^.^#)

ストレスの日々でやりがいも何も感じなくなっていた時でしたが、その一言で、今までの頑張りが報われた気がしました。

看護師という職の親をもってしまったばかりに、子供にもさみしい思いをさせているだろうと、負い目に感じていましたから、余計嬉しかったですね。

その一言で、これからの人生、胸をはって看護師として生きていこうと考えることができましたよ(*´艸`*)

2014年5月21日|

看護師をしていて良かった~と思う瞬間は何ですか?患者さんが笑顔で「ありがとう」って言ってくれると疲れも吹き飛びます!(^^)!

私は、子供の頃から看護師になる事を夢見ていたんですね。
でも、私はマイペースな性格なので、周りの人からは、看護師の仕事は無理、だとか、大丈夫?と言われていたんです。
私は、人一倍努力しないと、目標が達成できないという事が、自分自身でわかっていたので、必死に勉強して、
念願の看護師の資格を取る事ができたんですよね。
でも、それがゴールではありません。
看護師として働き始めてからは、辛い事や大変な事が、数えきれないくらいありました。

新人看護師の頃は、仕事がなかなか覚えられなくて、先輩に注意されたり、医療ミスを起こしそうになったり、
周りの同期はテキパキと仕事をしているのに、私だけスムーズに仕事ができなくて、すごいジレンマでしたよね。
何度も挫折しそうになったんですけど、独り立ちできるようになって、何とかここまでやってきました。

マイペースな私が、ここまで仕事を頑張って来れたのは、患者さんがいたからなんです。
患者さんと関わっていて、励まされる事が何度もあって、その度に、頑張ろうという気持ちに変わる事ができたんですよ。
仕事で辛い事があっても、患者さんの前では、頑張って笑顔を作るようにしていたんですけど、
毎日顔を合わせている患者さんには、すべてお見通しなんですよね。
私が患者さんの事を励まさなくてはいけないのに、いつも患者さんから励まされたんです。
新人の頃は落ち込む事が多かったんですけど、患者さんから、「ありがとう」と笑顔で言われると、
辛い事なんて一気に吹き飛んでしまいますよね。
看護師の仕事に慣れた今でも、その事を忘れないで、患者さんと深く接していこうと思っています。
励ましてくれた患者さんの為にも、出来る限りのケアをしたいと思ってますね。

2014年5月21日|

求人票の「残業なし」って当てにならない!実際に働いてみたら残業ばっかりで体を壊しそう!

私は、結婚をきっかけに、転職をしました。
独身時代は、ずっと大学病院で働いていたんですね。
大学病院の仕事は、とにかく大変で、残業は毎日あるし夜勤はあるし、確かに看護師として高い技術を身につける事ができますけど、
家庭との両立は無理だと思ったんですよね。
今はまだ子供がいませんけど、出産したら絶対に続ける事なんてできません。
だから、今のウチに働きやすい職場に転職しようと思ったんです。

私にとって始めての転職活動だったんですけど、まずはハローワークに行ってみたんです。
夜勤はやりたくなかったので、とにかく日勤の仕事で残業が少ない職場を探してみたんですよね。
夜勤ができないとなると、常勤で働くのは無理ですよね。
病院の外来は、常勤しか求人がなかったんですけど、できれば、常勤で働きたいな〜と思いました。
そうしたら、整形外科のクリニックを紹介してくれたんです。
求人票をみたら、日曜が休みで、水曜と土曜が半日、それに、残業がなしって書いてあったんです。
早速応募しましたよね。
このクリニックなら、自分のペースで働けると思ったんです。

採用されて働き始めたんですけど、大失敗でした。
残業がないどころか、毎日残業を強いられます。
クリニックだったら、病院勤務より楽かと思ってたんですけど、患者さんが多い病院で、夕方になっても混み合ってるし、
それで、週5日勤務ですから、もうクタクタです。
求人票の内容って、全く当てになりませんね。
簡単に職場を決めてしまって、すごく反省しています。
でも、これがいい勉強になりましたね。
今後もし転職する時には、求人票を当てにしないで、本当の職場の環境を、事前にしっかり確認しようと思ってます。
これはとても大切な事ですよ。

2014年5月21日|


ページランク表示 お見合いパーティー 熱帯魚リンク サプリメントの選び方 newlightbeulah.org