子供を持たないと言う選択をする夫婦が増えていますね。価値観はそれぞれ違いますが、子供を持つことで人生観は大きく変わりますよね・・。

子供を持たないと言う選択をする夫婦が増えていますね。価値観はそれぞれ違いますが、子供を持つことで人生観は大きく変わりますよね・・。

少子化と言われる現代、一人っ子が増え、さらには子を持たない人も増えてきました。

晩婚化ということもあり、子を持ちたくても、不妊症だったりで子供を授かることが出来ず、子供が欲しくても親になれない...という人も中にはいます(;´Д`A

しかし、中には妊娠することも、出産することも可能だけれども、仕事に差し支える...、子供を産み育てる自信がない...などといった理由で子供をあえて作らない人たちもいます(・_・;

今、親の世代にある私たちは兄弟が減り、二人兄弟や一人っ子が平均になってきた世代です。

昔の人たちは、結婚したら子供を産むのが当たり前、子供を授かったら産む、ということが当然でした。

だから、10人前後の兄弟がいたりと、兄弟の間で子育てをすることが当たり前の時代の人たちとは育ち方が違いますね(´・Д・)」

昔の人たちは、自分の兄弟の面倒をみるところから、子育てを学びました。

しかし、今は成長する過程に、身近に子供がいないから、自分が親になってどう子供に接したらいいかわからない...という大人が増えているように思います(p_-)

昔ほど、子孫の繁栄、血を絶やさない...といった風潮もなくなりつつあり、自由に生きることを選択することができるようになったんでしょうね。

しかし、子供を授かり、産み育てるということは、人として生きていく上で、とても大切なことだと思いますよ(*^_^*)

親は、子供を産み育てることで、子供を成長させるだけでなく、親であるその人自身も成長しているのです。

人の命の尊さ、優しさ、温かさ、強さ、そういったものを学べるのは、子育てから...と思いますね(^o^)

人はそれぞれ違った価値観を持っています。
それはそれで素晴らしいことです。

しかし、子育てから学ぶ価値観は、どの親にも共通することが沢山あります(´・Д・)」

価値観を広げることは、人として広い心を持ち、深く物事を捉えることにも繋がって行きます。

だから、看護師も子供を産みなさいと言われるでしょうね(´・Д・)」

子育てから学ぶことは、看護の中でも教科書から学ぶことの出来ない分野です。

人として、看護師として、大きく成長するためも、子供をもつことは大切なことだと思いますね。

2014年5月24日|