老健の夜勤の業務内容

老健の夜勤の業務内容

老健の夜勤というのは、ほとんどの職場が看護師1人体制です。
看護師1人に、介護士が数人という体制が基本的です。
私が働いている職場は2交代制なので、夜勤は17時から翌朝の9時までの16時間です。
業務内容は、

17時~ 申し送り
17時半~ フロアラウンド、体調不良の利用者の観察
18時~ インスリン、内服介助、食事介助、吸引など、食事に関する対応
19時半~ フロアラウンド、バイタル測定、点眼、服薬介助
20時半~ 交代で30分ずつの休憩
21時半~ ナースコール対応、不穏者対応、待機
23時~ フロアラウンド、バイタル測定
0時~ 尿量カウント、尿の破棄
0時半~ 2時間の仮眠
3時~ フロアラウンド、バイタル測定
5時半~ 経管栄養、内服介助、栄養注入
6時~ 起床時の服薬介助、採血、整容介助
7時~ デキスターチェック、インスリン、フロアラウンド
7時半~ 服薬介助、食事介助
8時半~ 申し送り
9時~ 業務終了

これは、あくまでも急変や救急搬送などが起こらない場合の、基本的な業務内容です。
病院への救急搬送があった場合には、呼び出しナースに付き添って貰う事になります。
しかし、急を要する場合には、夜勤看護師が付き添う事もあります。
夜勤というのは、何も起こらなければ、病院に比べると落ち着いているので、休憩や仮眠をしっかりと取る事ができます。
しかし、利用しているのは高齢者の方なので、いつ何が起こるかわかりません。
急変ばかりでなく、ステルペンがある事もあります。
そのような時には、休憩や仮眠を取る事はまずできません。
それに、認知症の方は、夜間に不穏になる事が多く、徘徊する事もあります。

そのようなイレギュラーな事が重なった時には、看護師1人体制はとても厳しいものがあります。

2014年6月10日|