規模の大きな病院には存在する臨床工学技士。高度な医療機器を扱うには専門職が必要ですよね!

規模の大きな病院には存在する臨床工学技士。高度な医療機器を扱うには専門職が必要ですよね!

pixta_6470827_S.jpg
臨床工学技士という職種をご存知ですか?

この職種は国家資格としてはまだ新しい職種なんですよ。

臨床工学技士は、人口心肺装置や、血液浄化装置、それに、人工呼吸器などの生命を維持するための医療機器の、点検や操作、回路交換を行う専門職なんです。

臨床工学技士というのは、機械を扱う事ばかりではなくて、救急救命医療や人口呼吸療法、血液透析など、実に幅広い分野で活躍している職種なんですよ。

病院というのは、規模が大きくなればなるほど、重症度が高い患者さんが、高度な医療を求めて沢山訪れますよね。

大規模な病院というのは診療項目も沢山あって、高度な検査や治療が行われています。

そのような職場で働く事は、看護師としてスキルアップする事ができるし、やり甲斐があります。

仕事内容はとてもハードですけど、高い技術や知識を身につける事ができるし、給料も優遇されていますよね。

でも、そのような職場では、高度な医療機器が沢山使われているんです。

正直言って、高度な医療機器の操作に戸惑う事がかなり沢山あるんですよね。

高度な医療機器ほど繊細なので、ちょっとした操作ミスも大事に至ってしまう事があるんです。

だから、そのような高度な医療機器の操作や点検を行ってくれる、臨床工学技士の存在はとても大切なんです。

看護師は女性が多いですよね。

基本的に女性は機械関係が苦手だという事もあって、医療機器の操作をするのはかなり抵抗があるんですよね。

ミスをしたら大変ですし、負担がかなり大きいんです。

高度な医療機器を扱うのには、やっぱり専門職が必要だと思うんです。

これから、どんどん新しい医療機器が導入されると思いますけど、このような専門職の需要もどんどん高くなると思いますね。

2015年9月18日|